キャバクラでのバイトは給料の高さや効率的に稼げることを理由に人気の副業の一つです。
「やってみたい!」という方も多いのではないでしょうか?

徐々に店舗数が増えている昼キャバで働く

でも、どうしても夜のお仕事だと寝る時間も遅くなってしまいますし、夜中に飲み食いすることになってしまって健康には良くありませんよね。
また家族や恋人、友人と会うタイミングもずれてしまったり、なにより夜働くのは一般的にあまり良いイメージが無いなど、いろいろとデメリットも多いです。

それでも効率的に稼げる仕事がしたいという女性には、近年徐々にお店の数が増えてきている昼キャバで働くという選択肢をオススメします。

昼キャバの特徴は、その名前が表しているとおり、昼に営業しているということです。
一般的な夜に営業しているキャバクラは夜7時頃から深夜2時くらいまでが営業時間ですが、昼キャバは午前10時頃から夕方・夜までが営業時間です。

客層も夜のキャバクラでは会社員が多いのに対して、昼キャバは深夜まで働いている同業者や飲食店関係者、比較的年配の客や大人しい性格の客層が多い特徴があるようです。

規則正しい生活が出来る

昼に営業しているキャバクラで働くのであれば、健康にも気をつけながら規則正しい生活が出来るというメリットがありますよね。
また、昼キャバで働くのは一般的な昼のお仕事と時間帯が同じですので、とても働きやすいというのもメリットの一つ。

家族や友人と一緒に過ごす時間や趣味や運動などの自分の時間も十分確保することもできます。
プライベートが充実できるのはうれしいことですよね。

効率的にガッツリ稼げる

そして実は昼キャバは安定して稼ぎやすいんです。
時給だけを見てみると夜のキャバクラのほうが高いのですが、勤務時間を考えると昼キャバのほうが多くなることがあります。
例えば、一般的に夜のキャバクラは通常午後7時頃から午前1時くらいまでの営業時間。
平日夜だと、当日・翌日のことを考えてしまって予定が立てづらく、時間も短くなってしまいますので、勤務時間はだいたい4時間程度になります。

一方、昼キャバは午前10時くらいから夕方まで営業しているので、その分長い時間働くことができますし、昼のお仕事が休みの日にガッツリ働けます。
その分効率的に稼げて、一日あたりの収入で考えると昼に働くほうが良くなるんですね。

せっかく働くなら、誰もがたくさん稼ぎたいと思うものですよね。
その点で昼のキャバクラは稼げる仕事なのではないでしょうか。
キャバクラ求人サイトでもいくつか募集が出ています。
自分のペースで楽しく働くことができる昼キャバ、仕事探しの候補にしてみてはいかがでしょうか。

  • 1