水商売で最も敷居が高いといわれる高級クラブ。
東京では六本木や銀座、大阪では北新地など大きな繁華街に多数存在していますね。
その特徴をいくつか紹介しましょう。

高級クラブの接客や指名

まず接客や指名について。
高級クラブのお仕事の内容はキャバクラと基本的には一緒でお客様をおもてなしすることですが、キャバクラはお客様とマンツーマンで接客するのに対し、クラブは何人かの女の子がついて接客します。

個人じゃなくてチームで接客する感じです。
特徴的なのは、クラブにはママがいること。
チーママやオーナーママといった言葉をテレビドラマなどで聞いたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのママがお店を切り盛りしています。

そして、クラブはキャバクラと違って永久指名制で、基本的にお客様は一度指名の女の子を決めたら、その子が退店するまで指名は変えられません。

ですので、ご指名は新規のお客様からいただくか、クラブでお仕事する以前からのお客様に指名をしていただくかになります。

高級クラブの料金システムと客層

料金システムやお客様の客層も大きく変わります。
料金システムを簡単に説明すると、キャバクラは時間制ですが、クラブは席代になり、テーブルチャージ、ドリンク代、指名料などが加算されていく形です。

お客様の客層は中年層から上くらいの地位のある方が多いので、高級クラブはお客様が支払う金額も大きくなります。
よくお店にいらっしゃるお客様、いわゆる常連客は会社の社長や大企業の重役、有名人・著名人など、高級だけあってセレブと呼ばれる方々が多いです。
こういった方々はその道ならではの体験談や業界の裏話をたくさんお持ちです。

普段そういった方々のお話を聴くことはなかなかできませんが、お店で働いて交流をもつことでいろいろな情報や知識を手に入れることができます。
これらは必ず自分の世界を広げてくれることでしょう。
普段は会えないタイプの男性と会えることを理由に高級クラブで働くのを副業に選ぶ女性もいるそうですよ。

人脈づくりで人生で成功できる可能性も

そして、このような方々と人脈を築くことができれば、新たな挑戦をしたり、自分の可能性を最大限に引き出したりすることにつながります。
人生で成功してくには人脈づくりが必要不可欠。

例えば、自分がオーナーになってお店を持ちたい、タレントやモデルになってみたいなど、何かの目標がある場合には自分ひとりの力ではとっても時間がかかったりどうにもならないことも多いですよね。
でもその道のスペシャリストや関係者とのコネがあれば、目標を最短コースで達成できるかもしれません。
そのくらい大きな力なんです。

"高級"と頭についているとおり、求められるのはハイクラスのおもてなし。
一流の人たちが集まる場所だからこそ、働く女性に求められる素質や振る舞いは上品さが求められます。
その分ステータスになりますし、収入も魅力的です。

  • 1